エンジニアとして海外就職するために必要なこと、メリット・デメリット

Uncategorized

プログラマーの魅力を上げるとしたらその中の一つに、時間と場所に縛られない自由を思い浮かべる方も多いかと思います。

今回はその究極の形ともいえる、エンジニアとして海外就職することについて書きました。

未経験でも可能なのか、どのような方法やメリット・デメリットがあるのか、情報をまとめてみました。
ご参考になれば幸いです。

海外就職に必要なもの

実務経験

必須。日本のように未経験者を一から育てる文化がないため。

語学

現地の人たちと働くことになるのでもちろん必要。

就労ビザ

海外で働くには就労ビズを取得する必要がある。取得するには企業にスポンサードしてもらう必要がある。
・日系企業
   日系企業にスポンサードしてもらうのはそこまで高いハードルではない。
・現地企業
  現地企業にスポンサードしてもらうにはかなり高いスキルが必要。相手現地企業にとって本当に欲しい人材(スキル)でなければ難しい。

コンピュータ関連の学位

アメリカやヨーロッパなどでは、就労ビザを取るには、仕事内容に関連した学位を持つことが必要。
コンピュータサイエンスの学位だけでなく、工学や数学でも関連ありだと認められることもあるそうです。
※国によって条件が異なるので行きたい国で要チェック。

海外就職で不要なもの

年齢

イギリスでは面接で年齢を聞くことを禁止されている。
海外だと日本ほど年齢で評価されることはない。

大学のランク

関係なし。海外からすれば日本のどこの大学か知らないため。それよりもどこの学部かが大切。

海外就職のメリット

定時退社できる

国によっては残業規定が法律で厳しく決められているところもある。

実力を公平に評価される

採用するときに、どのレベルの業務でどのくらいの給料か明確に条件を提示して採用活動を行う。
そしてその採用担当もその部署の人、というのが一般的。

日本のように総合職のように頻繁に異動があるため、上司が技術を理解できず、適正に評価できないという問題はおきにくい。

給料が高い

日本よりも市場が広く、また、プログラマーが専門職として高く評価されることがあるため。
総じてITエンジニアの給料は北米のほうが日本より高め。

海外就職のデメリット

すぐに首を切られる

正当に評価されること多い反面、結果が出ないとすぐに解雇される。
多くの日本以外の国では解雇規制が緩い。
もし就労ビザをその会社でサポートしてもらっていたら、国外退去しなければならない場合がある。

食・文化の違いによるストレス

日本の食は世界でもトップクラス。
海外でも日常的に日本食を食べたい場合は、日本人が多く住むエリアに住むのが良い。

医療保険

たとえばアメリカだと皆保険制度がなく、支払いができずサービスが受けられないということがある。
また。けがや病気をしたときに、説明するのが難しい。日本ほど医療が発達していないということがある。

まとめ

未経験から海外就職しようと思ったら、実務経験を積んで、コンピュータサイエンスの学位もとって(国によって条件は異なる)、
数年はかかりそうです。
簡単な道ではないですが、これだけのことができれば文字通りどこでも生きていけるんじゃないでしょうか。、

参考にしたサイト

「【現役エンジニアが伝授!】文系エンジニアが海外で就職するためのステップ3選」

<目次>
1.文系エンジニアが海外で就職する前に知っておくべきこと。
 海外では未経験エンジニアの採用は行っていない。
 Computer Scienceの学位がないとエンジニア職につけない。
 大学の学位は必ず必要。
2 .文系エンジニアが海外で就職するためのステップ3選
 ステップ1:Computer Scienceの学位を取る。
 ステップ2:日本でエンジニアとして実務経験を踏む。
 ステップ3:海外インターンで実務を踏む。
3 .文系エンジニア向きのIT職種
 プロジェクトマネジャー
 カスタマーエンジニアリング
 テクニカルライター
 ブリッジSE
4.まとめ:コンピューターサイエンスの学位と実務経験は必須!
5.Kredoでは、『IT』と『英語』を学んで海外就職することができます。

「ITエンジニアの海外転職で気にするべきこと、気にしなくていいこと」

<目次>
気にするべきこと
 工学系の大学卒業資格
 エンジニアとしての業務経験
 語学力
 
気 にしなくていいこと
 大学のランク
 現職の会社規模とランク
 年齢

「海外で働くエンジニアの平均年収・現状とは|必要なスキル・英語力」

<目次>
1.海外で働くエンジニアの平均年収
2.海外で働く方が儲かるの?
3.海外でのエンジニアの地位は?
4.海外でエンジニアとして働くときにどれほどの英語力が必要なのか
5.海外でエンジニアとして働くときに求められるスキル
6.海外でエンジニアとして働くのは大変?
7.海外でエンジニアとして働くときの注意点
8・海外で働くのが向いている人の特徴
9・【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

「海外でITエンジニアとして働くメリットデメリット」

<目次>
1 海外でITエンジニアとして働くメリット
 1.1 定時帰りが当たり前
 1.2 給料が高い
 1.3 専門職としてみなされるためビザが取りやすい(国による)
 1.4 実力が評価されやすい
 1.5 サービスが世界各国で使われる(会社による)
 1.6 英語での情報収集が普通になる(使う言語による)
2  海外でITエンジニアとして働くデメリット
 2.1 すぐにクビを切られるリスクがある(競争が激しい)
 2.2 言語の壁がある
 2.3 食・文化の違いによるストレス
 2.4 気候によるストレス
 2.5 医療サービスを受けるストレス
3 まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました